ここから本文です

【MLB】イチロー2安打で歴代27位に浮上 マーリンズは延長でサヨナラ負け

ISM 8月30日(火)14時57分配信

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が現地29日、敵地で行われたニューヨーク・メッツ戦に6番ライトで先発出場。4打数2安打、1三振、1得点、1盗塁の内容だった。

 イチローは4回にレフトへのヒット、8回にはセンターへのツーベースを記録し、メジャー通算3,011安打とした。殿堂入り三塁手のウェード・ボッグス氏(元レッドソックスほか)が記録した通算3,010安打を抜いて、歴代27位に浮上している。

 マーリンズは0対0の8回、イチローとエグゼビア・スクラッグス一塁手の2者連続ツーベースで1点を先制。しかし、その裏に3番手のA.J.ラモス投手が同点に追い付かれると、1対1のまま迎えた延長10回、5番手ニック・ウィトグレン投手がヨエニス・セスペデス外野手にサヨナラの一発を浴び、1対2で敗れた。

 決勝弾を放ったセスペデスは「狙っていたわけじゃない。(ホセ・)レイエスが、ケガ明けなんだから気楽にいけよと言ってくれたんだ。その通りにしただけだよ」と振り返っていた。(STATS-AP)

最終更新:8月30日(火)16時6分

ISM

スポーツナビ 野球情報