ここから本文です

年の差半世紀 みのもんた、指原莉乃の司会力に「70%」の太鼓判

オリコン 8月30日(火)5時0分配信

 タレントのみのもんた(72)とHKT48・指原莉乃(23)が、テレビ朝日系スペシャル企画『芸能人が実体験を告白!最悪の一日』(9月8日 後7:00)のMCとして初共演することがわかった。番組収録時が初対面、おまけに年の差、ほぼ50年の2人。指原の司会ぶりを見て、みのは「100点というと、嘘になっちゃいますからね。でも、70%は確実ですね!」と高評価。「受け答えがハッキリしている! こんなにできるのは珍しい」と感心しきりだった。

ご意見番として出演する小籔千豊

 数々のバラエティー番組でMCとしても活躍している指原だが、今回は大ベテランのみのが相手とあって「お会いするまで、すっごく緊張していたんです! 怖い人だったらどうしようと思って…」と緊張していたという。

 その緊張を和らげたのもほかならぬ、みのだった。「スタジオに入って来られた時から、まだカメラが回っていないのに、みのさんがトークしてくださって…。そのおかげで、安心して収録に臨むことができました」と指原。

 収録が始まると、衰え知らずの“みの節”が随所でさく裂。指原もご意見番として出演する小籔千豊を交えた軽妙なトークでスタジオを盛り上げた。収録後の指原は「(みのが)やさしい方でよかったです。楽しく番組を終えることができました」と充実した表情を見せていた。

 番組は、芸能人が実際に経験した、まるでドラマのようにつらく恐ろしい“最悪の一日”について打ち明け、その出来事から得た教訓を視聴者と共有する。自らの体験を証言するのは、元TBSアナウンサーの吉川美代子、はるな愛、春日俊彰(オードリー)、カズレーザー(メイプル超合金)、祥子、紫吹淳、橋本マナミなど。ストーカー被害、住居侵入、裏切り…。時間が経過したいまだから落ち着いて話すことができる、背筋も凍る最悪体験を再現VTRと本人の証言で振り返る。

 指原も、スクープを連発する某週刊誌の記者から“突撃”を受けた日のことを、“最悪の一日”としてネタにし、「“最悪の一日”の内容は、芸能人でなくても普通に起こりうるようなことばかり。ぜひ番組を観ていただき、皆さんに気をつけてもらいたい!」と話した。

最終更新:8月30日(火)9時17分

オリコン