ここから本文です

【人間椅子連載】ナザレス通信Vol.11「ジョイントライブ」

BARKS 9月1日(木)13時17分配信

8月18日大阪で、21日東京で、筋肉少女帯と人間椅子が組んでライブを行いました。1部が人間椅子、2部が筋肉少女帯、3部が「筋肉少女帯人間椅子」という名の合体バンドで、盛りだくさんの3時間でした。

◆人間椅子 公式LINEアカウント

以前から縁のある仲の良い2バンドですが、会う度に思うのはどちらのメンバーも一癖も二癖もある変わり者ばかりだということです。みんなが違った色の強烈なオーラを放っている感じでしょうか。ステージではその色が混ざって筋肉少女帯の色、人間椅子の色が創られているような気がします。「筋肉少女帯人間椅子」では色が多過ぎてまとまりがありませんが、これは同窓会みたいなものなので笑って楽しんでもらえば。

楽屋での会話はとても楽しいです。おのずと体調の話題から始まり、近況を報告し合い、楽器の話を経て、陰謀論やラーメンにまで及びます。歳が近いので意思の疎通が楽です。

そしてみんな相手に対する気配りがすごいのです。筋肉少女帯は一度活動停止していた時期があってそれを乗り越えて今があるからでしょうか、特にそう感じます。お互いを尊敬する気持ちをもって楽屋からステージまで楽しんでいて、近くで見ていると嬉しくなってしまいます。どちらもそろそろ30周年を迎える「バンドを永く続ける秘訣」を会得したベテランです。

さて、2バンドのジョイントライブで思い出すのは1980年にブラック・サバスとブルー・オイスター・カルトが行った「BLACK & BLUE TOUR」です。店頭で大好きな2大バンドが1本のビデオに収まっているのを見つけて驚喜したのを覚えています。自分にとってはビートルズとストーンズが一緒にライブをした位の衝撃でした。生で観たかった。このような、曲調が違うけれども似たくくりのバンド2つのカップリングは観てみたいものです。例えばスイートとスレイド、キング・クリムゾンとイエス、メタリカとメガデス、キッスとクイーン…。無理か。

今回はBLUE OYSTER CULTの名盤を紹介します。最初に聴くのは3枚目の「SECRET TREATIES」がおすすめです。名曲のぎっしり詰まった奇跡の一枚です。そのあとは1枚目の「BLUE OYSTER CULT」や「FIRE OF UNKNOWN ORIGIN」などです。名曲オンパレードです。間違っても最初に「CLUB NINJA」を買わないように。やっつけ感満載です。

筋少のベーシスト内田くんからDanelectroのロングホーンベースを貰いました。感激です。一年以上前に自分が最近スイートにはまっていてそのベースが欲しいと言っていたのを覚えていてくれたのが何より嬉しかったです。次回の筋肉少女帯人間椅子のライブでは二人並んでロングホーンベースを弾こうと、いつあるかしれない先の事を約束したのでした。

●おまけのマイベストテープ~自分の企画する夏フェスに呼ぶバンドとやってほしい曲
A1.Transmaniacon MC / BLUE OYSTER CULT
A2.Guts / BUDGIE
A3.Light My Way / NAZARETH
A4.Master Of The Universe / HAWKWIND
A5.I Won't Let It 'appen Agen / SLADE
B1.Sympathy / URIAH HEEP
B2.Vas Dis / WISHBONE ASH
B3.Bad Stuff / CACTUS
B4.Question / THE MOODY BLUES
B5.Sixties Man / SWEET

<ハードロック喫茶ナザレス>
9月10日(土)高円寺ShowBoat sold out!

<『ヘドバン』DJイベント「ヘドバンのいけにえ」>
9月24日(土)大阪ロフトプラスワン・ウエストの深夜枠にゲスト出演決定

秋の全国ツアー<地獄の季節>
10月29日(土)茨城 mito LIGHT HOUSE
10月31日(月)兵庫 Chicken George
11月2日(水)福岡 Be-1
11月4日(金)広島 BACK BEAT
11月5日(土)香川 高松Olive Hall
11月7日(月)愛知 Electric Lady Land
11月8日(火)京都 KYOTO MUSE
11月10日(木)大阪 umeda AKASO
11月13日(日)青森 Quarter
11月15日(火)北海道 cube garden
11月17日(木)岩手 CLUB CHANGE WAVE
11月19日(土)東京 TSUTAYA O-EAST
チケット発売日
10月29日(土)~11月17日(月)公演:9月11日(日)より一般発売開始
11月19日(土)東京 TSUTAYA O-EAST公演のみ、9月25日(日)より一般発売開始

最終更新:9月1日(木)13時17分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。