ここから本文です

片岡愛之助、紀香との披露宴はシンプルに ピアノ弾き語りは「ないです」

オリコン 8月30日(火)13時0分配信

 歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)が30日、都内で行われた十月花形歌舞伎『GOEMON 石川五右衛門』製作発表記者会見に出席。3月に結婚した女優の藤原紀香(45)との新婚生活について話題が及ぶと「順調です。いろんなことを勉強しながら楽しんでいますね」と幸せオーラを振りまいた。

【写真】フラメンコポーズを披露した片岡愛之助

 9月28日には都内のホテルで結婚披露宴を行うと報じられているが、「準備を頑張っている最中です。シンプルでコンパクトにしたいと思います」とにっこり。報道陣から「ピアノの練習とはしないですか?」と意味深な質問を受けるも「アッハッハ…ないです。三味線なら弾けるんですけど、そういったことは一切ないので、あまり期待されても困ります」と笑顔でかわした。

 同公演で、“梨園の妻”デビューすると報じられている紀香の様子を聞かれると「入籍した時から妻ですから、いただきものをした時にはお手紙を書いたりとか、そこから始まっているので、何がデビューかわからない」と話した上で「今回の劇場には来ると思います。あいさつにも立つと思うんですが、妻として来ていますから、そっとしておいてください」と呼びかけていた。

 同作は、稀代の大泥棒・石川五右衛門が実はスペインの宣教師の血を引くハーフで、フラメンコを踊るという奇想天外な設定で物語が展開。片岡演じる石川五右衛門の父・カルデロンと霧隠才蔵の2役を、タッキー&翼の今井翼が演じる。10月3日から27日まで、東京・新橋演舞場で上演される。

最終更新:8月30日(火)13時4分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。