ここから本文です

乃木坂46、3日間で持ち歌112曲“完唱” 11・9に16thシングル

オリコン 8月30日(火)21時2分配信

 人気アイドルグループ・乃木坂46が30日、東京・明治神宮野球場で『真夏の全国ツアー2016 ~4th YEAR BIRTHDAY LIVE~』最終公演を行い、28・29日公演とあわせて3日間で持ち歌全112曲を歌いきった。アンコールでは16枚目のシングル(タイトル未定)を11月9日にリリースすることを発表。キャプテンの桜井玲香は「詳細はまだまだ決まっていないので、どんなメンバーが歌うのか、いろんな想像をしながら待っていただけたらと思います」と呼びかけ、3万5000人の観客を沸かせた。

【ライブ写真】白石麻衣、西野七瀬らソロショット

 乃木坂46の『BIRTHDAY LIVE』は、2012年2月のCDデビューから発表してきた全楽曲を披露するのがコンセプト。シングル15枚、アルバム2枚の全112曲を3日間に分け、初日は1st~5thシングルと1stアルバム収録曲を、2日目は6th~9thシングルと2ndアルバム収録曲を披露してきたことから、最終日は生田絵梨花がセンターを務めた10thシングル「何度目の青空か?」(2014年8月発売)からスタートした。

 6月から始まったツアーには体調不良で参加していなかったキャプテンの桜井が神宮3daysに間に合ったことから、西野七瀬は「玲香もそろってできたのがうれしい」と喜ぶと、桜井は「ライブができないのはめっちゃ寂しかったから、ここに立ててめっちゃうれしく思いまーす!」と元気いっぱいに体全体を使って復活をアピールした。

 6月に卒業した深川麻衣が最初で最後のセンターを務めた14thシングル「ハルジオンが咲く頃」(3月発売)のセンターを誰が務めるのか注目されるなか、歌い始めたのは深川の愛称「聖母」の名付け親・川後陽菜。球場が歓声に包まれるなか、ファンの事前の呼びかけにより、アリーナは黄色一色、スタンドは白一色に染まり、ペンライトの光で巨大なハルジオンを咲かせて楽曲の感動を増幅させた。深川のソロ曲「強がる蕾」は、メンバー全員の合唱で披露した。

 川後は歌唱後「センターをやらせていただくのは不安で緊張したんですけど、大好きなまいまい(深川)のポジションをやらせていただき幸せでした」と一礼。「スタッフさんに(センターと)言われて最初に連絡したのがまいまい。『うれしい。頑張ってね』という言葉をもらえて頑張ろうと思った。私の歌がまいまいに届いていたらいいな」と喜びをかみしめていた。

 本編最後のパートでは、ミュージカル調の楽曲「命の真実 ミュージカル『林檎売りとカメムシ』」を生田絵梨花とミュージカル俳優・坂元健児がデュエット。ラストの最新15thシングル「裸足でSummer」(7月発売)では、ファンが両手でペンライトとタオルを高々と掲げ、声を枯らしながら合いの手を入れると、1期生最年少18歳のセンター・齋藤飛鳥は感極まり、歌唱中から大粒の涙をこぼした。グループ名にちなんで460発の花火も打ち上がり、華々しくバースデーライブと全国ツアーを打ち上げた。

■『真夏の全国ツアー2016 ~4th YEAR BIRTHDAY LIVE~』最終日
Overture
10th SG 01. 何度目の青空か?
10th SG 02. 転がった鐘を鳴らせ!
10th SG 03. 遠回りの愛情
10th SG 04. 私、起きる。
10th SG 05. Tender days
10th SG 06. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
11th SG 07. ごめんね ずっと…
11th SG 08. 立ち直り中
11th SG 09. あらかじめ語られるロマンス
11th SG 10. ボーダー
11th SG 11. 命は美しい
11th SG 12. 君は僕と会わない方がよかったのかな
発売未定 13. 200ギガあげちゃう
12th SG 14. 制服を脱いでサヨナラを
12th SG 15. 無表情
12th SG 16. 魚たちのLOVE SONG
12th SG 17. もう少しの夢
12th SG 18. 太陽ノック
12th SG 19. 羽根の記憶
12th SG 20. 別れ際、もっと好きになる
13th SG 21. 今、話したい誰かがいる
13th SG 22. 悲しみの忘れ方
13th SG 23. 隙間
13th SG 24. 大人への近道
13th SG 25. ポピパッパパー
13th SG 26. 嫉妬の権利
14th SG 27. ハルジオンが咲く頃
14th SG 28. 憂鬱と風船ガム
14th SG 29. 不等号
14th SG 30. 遙かなるブータン
14th SG 31. 急斜面
14th SG 32. 釣り堀
14th SG 33. 強がる蕾
15th SG 34. 命の真実 ミュージカル「林檎売りとカメムシ」
15th SG 35. 白米様
15th SG 36. オフショアガール
15th SG 37. 行くあてのない僕たち
15th SG 38. 僕だけの光
15th SG 39. シークレットグラフィティ
15th SG 40. 裸足でSummer
【アンコール】
9th SG 41. 夏のFree&Easy
6th SG 42. ガールズルール
1st SG 43. 乃木坂の詩
【Wアンコール】
2nd SG 44. おいでシャンプー
※SG=シングル、AL=アルバム

最終更新:8月31日(水)18時27分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。