ここから本文です

森山直太朗、「夏の終わり」最新ライブセッション映像公開

BARKS 8月30日(火)17時54分配信

森山直太朗が、9月21日にオールタイムベストアルバム『大傑作撰』をリリース。本作より「夏の終わり」の新たなミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

◆「夏の終わり」ミュージックビデオ

「夏の終わり」はデビュー翌年の2003年にリリースされた楽曲。当時のミュージックビデオは、ミュージシャンたちとスタジオで行なったライブセッションを一発撮りした映像が使用されていたが、それから13年の時を経た今回も前回同様にセッションを実施したという。近年のツアーでもお馴染みの気心の知れたバンドメンバーがスタジオに集結して撮影され、森山直太朗の“今”の歌声とバンドの演奏によりアップデートされた同曲を楽しむことができる作品となっている。

なお、この日のライブセッションでは「どこもかしこも駐車場」「涙」など他の曲も演奏され、「夏の終わり」を含む8曲の映像が『大傑作撰』初回限定盤の特典DVDに収録される。

  ◆  ◆  ◆

■森山直太朗 コメント
気の合う仲間と居心地の良い空間でセッションしてみました。
また新たな表現で聴いてもらえる「夏の終わり」になったのではないかと思います。
この映像でオールタイムベスト「大傑作撰」をより楽しんでいただけたら幸いです。

最終更新:8月30日(火)17時54分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。