ここから本文です

Flower、新曲MVは過去作品のオマージュ

オリコン 8月30日(火)14時41分配信

 6人組ガールズグループ・Flowerが、初のベストアルバム『THIS IS Flower THIS IS BEST』(9月14日発売)に収録される新録曲「他の誰かより悲しい恋をしただけ」のミュージックビデオ(MV)を公開した。

【動画】過去作のオマージュを散りばめたFlower新曲MV

 同曲は、Flowerが最も得意とする切ないラブソング。過去との決別を歌いながらも「あなたを愛した自分と別れる」という強い意思を持った女性像が表現されている。2011年10月のデビューから5年間の集大成となる作品の新曲にふさわしく、MVは「過去作品へのオマージュ」をコンセプトとした。

 MVに登場する鷲尾伶菜が乗るシャンデリアは6thシングル「白雪姫」、古い大きな時計は2ndシングル「SAKURAリグレット」、6人が入った本を模したセットは10thシングル「Blue Sky Blue」、藤井萩花が男女二役で踊るダンスは9thシングル「さよなら、アリス」、床に寝た状態でのダンスシーンで光るレーザーは4thシングル「恋人がサンタクロース」というように、過去作品とリンク。他にも過去作品の要素が入っていることから、それらを見つける楽しみもありそうだ。

最終更新:8月30日(火)14時46分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。