ここから本文です

北川景子のピンチに仲村トオル立ち上がる?『家売るオンナ』終盤へ

オリコン 8月31日(水)23時0分配信

 女優の北川景子が主演する日本テレビ系連続ドラマ『家売るオンナ』(毎週水曜 後10:00)第9話の予告が公開された。これまで、破天荒なやり方で家を売りまくっていた万智(北川)だったが、週刊誌記者にのせられ部下の白洲美加(イモトアヤコ)がそのブラックなやり方をしゃべってしまう。このままでは万智と会社のイメージが危ういと、仲村トオル演じる屋代課長が立ち上がる。編集部に記事を止めようと乗り込む屋代だったが…?

【動画】『家売るオンナ』第9話予告公開

 また、新人営業マン・庭野(工藤阿須加)と足立(千葉雄大)はそれぞれの顧客の家探しに難航していた。互いの客は物件への文句がそっくりで苗字もおなじ「雨宮」。2組は実は親子だったことが判明する。万智は行きつけの餃子屋で働くナイジェリア人のビクトルから恋人と住む家をさがしてほしいと頼まれる。ビクトルの恋人は雨宮家の長女・波留だった。万智はビクトルたちに賃貸物件を探し、雨宮家の親夫婦、息子夫婦をくっつけて二世帯住宅を売ると宣言する。

 いよいよ終盤を迎える同ドラマでは、北川のクールながらも仕事に信念を持つニューヒロイン像を見事に確立。万智や新宿営業所の面々がどのような結末を迎えるのか。夏ドラマの中でも好調な視聴率を維持し続けてきたが、有終の美を飾ることができるかにも注目だ。

最終更新:8月31日(水)23時0分

オリコン