ここから本文です

アヴィーチー、最後の公演開催

BARKS 9/1(木) 13:18配信

この春、2016年でライブ活動を終止すると宣言したアヴィーチーが、週末(8月28日)イビサ島の屋外クラブUshuaiaで最後となるパフォーマンスを行なった。

◆アヴィーチー画像

アヴィーチーは出演前、空港でクルーと撮影した写真をFacebookに投稿し、「最高のクルー、友人達との最後の週末。Ushuaia、僕は今夜、最後のギグにすごく興奮している。これは歴史に残るよ!」とコメントしていた。

ライブにはKSHMR、Seeb、Albin Meyers、Mambo Brothersらが参加したという。

アヴィーチーは3月、「僕が歩んできた道は成功に満ちていたけど、平坦だったわけじゃない。アーティストとして成長すると同時に大人にもなった。自分をもっとよく知るようになり、人生でやりたいことがいっぱいあるって気づいたんだ。いろんな分野に強い関心を持っているけど、(いまは)それを探求する時間がほとんどない」と、今年でツアー活動を止めることを発表した。

しかしながら、音楽活動全てをストップするわけではなく、なんらかの形で新しい音楽をリリースしていくものと考えられている。

スウェーデン出身のアヴィーチーは、2011年に「Levels」が世界中でヒットし、トップDJの1人に名を連ねた。これまでに『True』(2013年)、『Stories』(2015年)の2枚のスタジオ・アルバムを発表し、「I Could Be The One」「Wake Me Up」「Hey Brother」「Waiting For Love」など多くのヒットを生んでいる。

Ako Suzuki

最終更新:9/1(木) 13:18

BARKS