ここから本文です

【オリコン】嵐、前人未到の10年連続DVD総合首位 BDは今年度最高初動27.8万枚

オリコン 8月31日(水)4時0分配信

 人気グループ・嵐のライブDVD/Blu-ray Disc(以下BD)『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』(8月24日発売)がDVDは24.4万枚、BDは27.8万枚を売り上げ、9/5付オリコン週間DVD/BD両ランキングで総合1位に初登場した。

■嵐 これまでの映像作品売上ランキング

 DVD/BD同時総合1位獲得作品数は、『ARASHI アラフェス’13 NATIONAL STADIUM 2013』(2014年5月発売)から6作連続通算6作目。音楽DVDとBDの売上枚数を合算した「総合ミュージック映像ランキング」でも1位を獲得し、DVD/BDとあわせて今週付の映像ランキング主要3部門を制した。

 音楽DVDの「連続総合1位獲得作品数」は『SUMMER TOUR 2007 FINAL Time-コトバノチカラ-』(08年4月発売)から15作連続。「通算総合1位獲得作品数」は『ALL or NOTHING』(02年6月発売)から通算17作と、自身が保持する歴代1位記録をそれぞれ更新。また、音楽DVD総合1位獲得の「連続年数」を『ARASHI AROUND ASIA』(07年5月発売)から前人未到の10年連続に更新した(※年数カウントはオリコン発表年度に準拠)。

 今作のDVD初週売上は、前作『ARASHI BLAST in Miyagi』が今年1/11付で記録した22.5万枚を上回る好スタート。BDは同じく『ARASHI BLAST in Miyagi』を上回り、今年度(集計期間:2015年12/14~)の最高記録をマークした。

 今作は、2015年11~12月にかけ、全国5会場17公演で約80万人を動員したドームツアー『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』のうち、東京ドーム最終公演の模様を収録。「原点回帰」をテーマに掲げ、「ジャニーズらしさ」「日本の素晴らしさ」を、嵐ならではの新しい視点でステージを展開した。

最終更新:9月3日(土)23時13分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。