ここから本文です

湊かなえ氏『往復書簡』 松下奈緒×市原隼人でドラマ化

オリコン 8月31日(水)6時0分配信

 女優・松下奈緒と俳優・市原隼人が9月30日に放送されるTBS系スペシャルドラマ『ドラマ特別企画 往復書簡~十五年後の補習』(後8:57)に出演。『Nのために』『夜行観覧車』などで知られる人気作家・湊かなえ氏による小説『往復書簡』(幻冬舎文庫)所収の『十五年後の補習』をドラマ化した本格心理サスペンスに挑む。

 同作はOLの岡野万里子(松下)が辺境の国へ赴任中の恋人・永田純一の間で交わされるエアメールの中で、2人が中学生の頃に関わったある事件の真相がひも解かれていく物語。ドラマオリジナルのキャラクターで15年前の事件と現在の事件を共に担当する刑事・亀山隆三を鹿賀丈史が演じる。

 『アイムホーム』(2015年)、『スペシャリスト』(16年)などを手がけた七髙剛氏が監督を務め、『ストロベリーナイト』(12年)、『カラマーゾフの兄弟』(13年)の旺季志ずか氏が脚本を担当。交わされる手紙の文面上で進んでいくため映像化は難しいと言われ原作を、登場人物の背景を深掘りすることでよりドラマチックな物語に仕上げる。

 かねてから湊作品のファンであったという松下は「どの作品も、思ってもみない展開にいつもドキドキさせられています。このドラマの原作『往復書簡』も、万里子と純一の手紙のやり取りにドキドキしました」とすっかり夢中に。「サスペンスでもあり、ラブストーリーでもあると私は思いましたので、万里子と純一の心の動きを丁寧に演じたいと思いました」と役への思いを明かした。

 作品のみどころについて松下は「最後まで本当に犯人がわかりません。息子を守りたい母親。恋人を守りたいと思う優しさ。さまざまな愛情が、15年前の事件を知ることで明らかになっていきます」とアピール。「見てくださる方も、事件の真相を知っていく万里子と同じ気持ちで、ハラハラ、ドキドキしながらご覧いただければうれしいです」と呼びかけている。

最終更新:8月31日(水)6時0分

オリコン