ここから本文です

『刑事7人』吉田鋼太郎、髭剃りシーンは『ゴッドファーザー』のイメージ?

オリコン 8月31日(水)5時0分配信

 テレビ朝日系ドラマ『刑事7人』(毎週水曜 後9:00)に、「警視庁捜査一課12係」の係長を経て、第2シリーズから「刑事総務課」の課長となった片桐正敏役で出演中の吉田鋼太郎。東山紀之演じる天樹と12係のメンバーにとって、敵なのか味方なのか、善悪定かならぬ、謎の人物となっているが、それ以上の謎がある。髭を剃っているシーンが多いのだ。その理由を本人に聞いた。

『刑事7人』片桐役の吉田鋼太郎コメント動画

 吉田は、フランシス・フォード・コッポラ監督の映画『ゴッドファーザー』を引き合いに出し、「床屋で髭剃り中に暗殺されるシーンがあるんだけど、ハードボイルドな雰囲気が出るんじゃないかな」との見解。撮影では「カミソリに刃がついてないので、楽な感じでリラックスして撮っています」と明かした。

 現場を和ませるつもり(?)の下ネタも度が過ぎると冷ややかな雰囲気に。「倉科カナちゃんが相手にしてくれません。高嶋(政宏)さんのせいです」と嘆いていた。

 8月31日放送の第7話では、「帝都電機」の研究員・西島あおい(小野真弓)が、自宅マンションの浴室で溺死体となって見つかった事件の裏に潜む“巨悪”に挑む。天樹とともに真相を追う捜査一課12係。ところが、どういうわけか経済産業省の産業技術環境局次長・松原敏雄(山崎銀之丞)が突然、「12係を捜査から外せ」と横やりを入れてきて…。

最終更新:8月31日(水)5時0分

オリコン