ここから本文です

バイクでゲレンデ疾走 オフロードコース整備 高山市

岐阜新聞Web 8月30日(火)9時19分配信

 岐阜県高山市久々野町無数河のスキー場ひだ舟山スノーリゾートアルコピアにオフロードバイクコースが整備され、28日、記念の大会が開かれた。
 スキーのオフシーズンを活用する試みで、同市冬頭町のオートバイ販売店「Kレーシングクラブ」と協力して6月ごろからコースを設営。全長約7・5キロで、ゲレンデの高低差を生かして仕上げた。
 大会には中部、関西、関東地方などの約100人が出場。バイクの排気量や技量などに応じて、規定時間内の周回数を競った。
 エンデューロ(1時間)エキスパートで優勝した川原茂広さん(56)=同市国府町宇津江=は「危険な箇所もなく、年齢に関係なく楽しめるコース。特に上りが気持ちいい」と話した。
 同ビギナーは杉ノ下博久さん(同市花里町)、エンデューロ(2・5時間)総合は小木曽俊輔さん(同市丹生川町北方)が制した。
 コースは秋ごろまで土、日曜日と祝日に利用できる。料金は一般が1日2千円(設備管理料500円含む)、排気量50㏄以下は設備管理料500円のみ。

岐阜新聞社

最終更新:8月30日(火)10時58分

岐阜新聞Web