ここから本文です

新宿二丁目で行われた男性限定興行で大橋が王座前哨戦に勝利!

バトル・ニュース 8月30日(火)12時10分配信

 29日、AiSOTOPE LOUNGEにて行われた『新宿二丁目プロレスvol.22~真夏の夜の野郎タチ!~』のメインイベントでILNPタイトルマッチ前哨戦・柴田正人&宮本裕向vs大橋あっくん&竹田誠志が行われた。

 11月の大会で忍を倒し初代王者に輝いた柴田正人が、前日のDDTプロレス両国国技館大会でKO-Dタッグ王者となった宮本裕向をパートナーに登場。挑戦者の大橋は第2試合の「男だらけの騎馬戦」、第4試合の「ビーチ●コ・フラッグス」で勝利し勢いが止まらない様子。

 140kgの柴田の巨体の前になすすべもない大橋だったが、ステージからのミサイルキックで反撃するも柴田はベイダーハンマーで蹴散らし宮本とともにハイジャック・パイルドライバー。竹田が救出するも、柴田はステージ上からダイビングボディプレスを投下。かわした大橋が柴田をリバースフルネルソンに捉えると、そこに竹田がロッキンポ殺しをブチ込み、その勢いを利用して大橋がオースイスープレックスホールドを決めて3カウント!

 前哨戦で体重が倍以上ある王者・柴田から3カウントを奪った大橋に大歓声が飛ぶと「やったー! マジ嬉しいっす。よーし、勢いついてきましたよ! この勢いで二丁目プロレス、俺のものにします! 今後は俺が二丁目を引っ張っていくぞ! 明日は本当に頑張って柴田からベルト獲りますので、応援よろしくお願いします!」と堂々ニチョプロのエース宣言。

 この日は男性限定興行となり、王座戦が行われる二連戦二日目は女性も観戦できるミックスデーとなりチケットは予約完売状態。TBS『有吉ジャポン』でも取り上げられ注目度が上がっている中、大橋は柴田から王座を奪うことができるのか?

最終更新:8月30日(火)12時10分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]