ここから本文です

永島勝司 ゴマシオ編集長のつぶやき 三十言目『俺の熱狂的ファンと語り合った』

バトル・ニュース 8月30日(火)19時19分配信 (有料記事)

新日本プロレスのG1クライマックス両国大会2日目を観戦に来ていたファンの一人と東京・新橋の居酒屋で会った。仮にK君としておこう。彼は前日、富山県から出て来たという熱狂的ファン。なぜ新橋の居酒屋かって?自分で言うのも変だが、K君は俺の本を何冊も持っており、最近雑誌に出た対談物も熟知しており、俺が新橋の居酒屋にいることを知っていたのだ。なんとも逞しいことで、今回が俺を探しての2度目の来店だという。いつも俺は、こういうケースは無視することが多いのだが、さすがにこの時は自分から近づいたよ。本文:1,368文字 この記事の続きをお読みいただくには、バトル・ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    515円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    432円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:8月30日(火)19時19分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]