ここから本文です

なぜ個人タクシーではSuicaやクレジットカードが使えないのか?

carview! 8/30(火) 12:31配信

個人タクシーなんかじゃまだまだ使えないSuica(スイカ)など電子マネーでの決済。先日、乗ったついでにふとタクシー運転手さんに聞いてみました。

【この記事の写真をもっと見る】

そういやこのSuicaの決済機ってか決済マシンっていくらするんですかね? 今も付いてるタクシーと付いてないタクシーありますけど。

「これが案外高いんですよ。25万円(笑)。結構ビックリでしょ。でもウチは会社が出してくれるけど、だから個人タクシーさんとかは付けないんです」。

ええ? そりゃ高すぎるってなんでそんなに高いんですかね?

「詳しいことはわからないけど、本体とタクシーメーターを連動させなきゃいけないし、通信のFOMA(フォーマ)のシステムとかも必要らしいです。特にタクシーは動いてますからね」。

高額な決済機のほかにも普及しない理由が……

ちょいと疑問に思った小沢。調べてみました。すると確かに決済マシン本体の他にもいろいろ必要となる。とはいえタクシー用じゃなく店舗用決済機には本体タダのもあるんですな。その分、毎月の使用料や手数料はかかりますけど。再び関係者に聞いてみました。

「やっぱりタクシー用のシステムは大変なんですよ。一般店舗用とは熱と震動が違いますから。特にSuicaは審査が厳しくて、お客様が“必ず使えなければいけない”。震動でちょっと調子悪くて使えないなんてあり得ないんですよ」。

そのほかクレジットカードもなんだかんだで使いづらい。

「アッチはドライバーが使いたがらないんですよね。手数料はドライバー負担だし、なにより現金化が大変で、自動銀行振込みなんかなくて、その地域の指定された場所に行かないと現金が貰えないから」。

なにかと小銭を出すのが億劫なタクシー。Suicaやカードで素早く払えると渋滞も減るし、ドライバー側も客側も有り難いけど、なかなかそうもいかないみたい。実際、双方便利でもドライバー側だけ25万円負担! ってのもねぇ。かといって、例えばSuica使ったら20円増し!? ってなるとアナタは本当に使いますかって話です。ま、小沢だったら20円ぐらいなら両手荷物でふさがってたら使っちゃいますけど。100円ならどうするかな?(笑)

レポート:小沢 コージ

株式会社カービュー

最終更新:8/30(火) 12:31

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。