ここから本文です

盗んだ銀行口座をダークウェブで売っていた男 FBIが潜入捜査で告発

THE ZERO/ONE 8月30日(火)15時1分配信

米司法省は7月22日、銀行口座のログイン情報をダークウェブで販売していた男がFBIのアトランタ支局に告発されたことを発表した。同省のプレスリリースによると、ミネソタ州在住のAaron James Glende(35歳)は、ダークウェブのECサイト「AlphaBay Market」で「IcyEagle」を名乗り、SunTrust Bankから盗み出されたアカウント情報を販売していたという。

犯罪者に人気の闇市場「AlphaBay」

ダークウェブには、販売が罪に問われる商品やサービスを「身元を隠したまま」売買するためのECサイトがいくつも存在している。それらの中でもAlphaBayは知名度が高く、利用者数も多い。ここでは麻薬や薬物、銃器や犯罪グッズ、脆弱性情報やハッキングツール、そして盗品のカード情報やID情報など、ありとあらゆる「悪いもの」が手に入る。

さらにユーザーインターフェイスの良さにも定評がある。AlphaBayにはAmazonやeBayで見られるような出品者評価のシステムが導入されており、また商品検索の機能も優れているため、『闇ウェブ』の執筆時にはとても役にたったサイトだ……とスプラウトの岡本氏(『闇ウェブ』執筆者のひとり・THE ZERO/ONE編集担当)も太鼓判を押している。

このサイトでGlendeが販売していたのは、米国の銀行SunTrust Bankから盗み出された口座情報だった。SunTrust Bankは米南部全域に約1500の支店を構えている地方銀行で、2016年3月時点での総資産額は約1490億ドル(約15兆円)。米国内の銀行としては15位の規模となっている。

IcyEagleが販売した「商品」

米連邦検事の説明によると、GlendeはAlphaBayでの活動を開始した2015年11月以降、これまで少なくとも2回に渡り、SunTrust Bankの口座情報を売り込むための投稿を行った。興味深いのは、口座に残されていた金額によって異なる価格を設定していた点だ。

Glendeは2016年3月、「ハッキングされたSunTrust Bankのアカウント情報、残高100ドル~500ドル」というタイトルで宣伝を書き込んでいる。このとき彼が提示した販売価格は9.99ドル(約1000円)だった。この「商品」は過去に32件販売されたと考えられている。

そして2016年5月にGlendeが投稿した「SunTrust Bankの高額残高、残高3万~15万ドル(約300万円~1500万円)口座のログイン情報を売ります」という書き込みには、次のような説明が記されていた。「SunTrust Bankからハッキングされたばかりのフレッシュな口座のログイン情報をお届けします。この(銀行の)口座はセキュリティが弱いことで知られています」。こちらの商品に提示された販売価格は前回の約7倍の66.99ドル(約7000円)だった。

銀行口座のログイン情報は、闇市場で売買される盗品として、それほど珍しい商品ではない。またGlendeが説明したとおり、SunTrust Bankはハッカーたちの間で狙われやすい銀行なのかもしれない。実はダークウェブに潜るまでもなく、ちょっと工夫してGoogle検索を使えば、「SunTrust Bankのログイン情報」の販売をほのめかしている怪しいページがいくつか見つかる。

それらを見るかぎり、Glendeが3月に提示した「9.99ドル」はほぼ相場どおりである一方、5月に提示した「66.99ドル」は強気な価格設定であるように感じられる。しかし「高額残高の口座のみを厳選している」というセールスポイントには魅力があったのだろう、こちらも11件の売買が行われたようだ。

AlphaBayで実際にIcyEagleと取引を行った人物の説明によると、彼の販売した情報一式には、「SunTrust Bankの顧客5人分のユーザー名、パスワード、住所、メールアドレス、電話番号、口座番号」が含まれていたという。

もしも被害者が盗難に気づき、すでにログイン情報を変更していたなら、どれほど高額残高の口座のログインを手にいれたところで、1セントたりとも金を引き出すことはできない(だからこそGlendeは、盗みたてホヤホヤのアカウントだと宣伝している)。しかし、これだけの情報が揃っている場合は、「残高を空っぽにする」以外にも様々な悪用が可能だろう。

1/3ページ

最終更新:8月30日(火)15時1分

THE ZERO/ONE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]