ここから本文です

25年ぶりの優勝へ突き進む広島 歴史的な1年に生まれた数々の記録とは?

Full-Count 8月30日(火)7時10分配信

新井が2000本、黒田は200勝…次々と記録が生まれたメモリアルな年に

 いよいよ広島が優勝へのカウントダウンに入った。

 24日に20で初めて点灯したマジックは、すでに13まで減った。一時4.5ゲーム差まで縮まった2位・巨人との差も気づけば11まで開いた。もはや優勝を疑うファンはいないだろう。

2016年 セ・リーグ&パ・リーグ 順位表

 カープにとって2016年は歴史的な節目の記録が次々と生まれたメモリアルな年。今季の足跡を振り返ってみた。

◯4月2日・巨人戦

 黒田が4安打完封勝利。日本での完封は2007年の楽天戦以来、実に9年ぶり。40代での巨人戦完封は史上8人目だった。

◯4月26日・ヤクルト戦

 新井が通算2000安打を達成。史上47人目で、球団では5人目となった。

◯6月17~19日・オリックス戦

 17、18日と鈴木誠也が史上10人目、球団では2人目となる2日連続のサヨナラアーチ。19日にも決勝本塁打で、3日連続の決勝弾。緒方監督の「神ってる」という言葉もこのときに生まれた。

新井は300本塁打も達成

◯6月29日・ヤクルト戦

 黒田が投打に渡る活躍で日米通算199勝目。32年ぶりとなる11連勝に導いた。


◯7月3日・DeNA戦

 13得点で快勝。2位とのゲーム差を1980年以来、36年ぶりに「10」に広げた。

◯7月23日・阪神戦

 黒田が野茂秀雄以来、史上2人目となる日米通算200勝を達成した。

◯8月2日・ヤクルト戦

 新井が通算300本塁打を達成。史上42人目で、2000安打とのダブル達成は25人目。

◯8月24日・巨人戦

 福井が菅野に投げ勝って、25年ぶりにマジック20を点灯させた。

 残りは22試合。最後に1991年以来となる歓喜の瞬間が待っているはずだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月30日(火)7時10分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。