ここから本文です

「台風10号」30日上陸 最大規模、福島県内623校が休校へ

福島民友新聞 8月30日(火)8時6分配信

 強い台風10号は29日、日本列島の南海上を北寄りに進んだ。暴風域を伴ったまま30日夕にも東北に接近し、上陸する恐れがある。局地的に猛烈な雨が降り、非常に強い風が吹くとして気象庁が土砂災害や河川の氾濫に厳重な警戒を呼び掛けている。

 県内の公立小、中学校と高校、特別支援学校は30日、中通り、浜通りの全校と会津の一部で休校となる。県教委によると、休校を決めたのは29日午後5時現在、小学校358校、中学校174校、高校79校、特別支援学校12校で「台風による休校で過去最大の規模」としている。

 会津で休校となるのは会津学鳳中、喜多方東、喜多方桐桜、猪苗代、耶麻農の各高校。午前中のみ授業を行う学校もある。

 JR東日本など県内の鉄道各線は30日始発から通常通り運転する予定。福島交通は高速バスの一部路線を終日運休する。福島空港大阪線は30日、福島空港発着の国内線4便が欠航し、計87人に影響。

 新潟県魚沼市などで30、31両日予定されていた「尾瀬サミット2016」は中止となった。内堀雅雄知事が出席を予定していた。秋季東北地区高校野球県大会支部予選も30日の試合が延期された。

福島民友新聞

最終更新:8月30日(火)10時43分

福島民友新聞