ここから本文です

【ブラジル】消費者の予想9.8%に低下

サンパウロ新聞 8/30(火) 3:35配信

 ジェツリオ・バルガス財団(FGV)がまとめた2016年8月の消費者インフレ期待指標によると、消費者らが予想する先行き12カ月間のインフレ率は9.8%と、前の月の10.0%よりも低くなった。消費者による予想インフレ率は今年2月に調査史上最高の11.4%に達して以降、低下を続けている。伯メディアが23日付で伝えた。8月調査では、先行き12カ月間のインフレ率が10%を超えるとの見方を示した消費者は全体の34.7%と、前の月の36.2%を下回った。また、インフレ率が0~6.5%の範囲に収まると答えた人の割合は7月の7.6%を上回る8.3%だった。

サンパウロ新聞

最終更新:8/30(火) 3:35

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。