ここから本文です

「ファンのみなさん安心して下さい」負傷で代表招集見送りのインテル長友がSNSで近況報告

theWORLD(ザ・ワールド) 8月30日(火)1時36分配信

全治2週間程度

ふくらはぎの負傷で28日に行われたパレルモ戦を欠場し、当初参加する予定だったロシアW杯アジア最終予選の日本代表メンバーからも外れたインテルDF長友佑都がSNSでファンへ怪我の近況を報告した。

29日に自身の公式Twitterを更新した長友は「怪我は軽症ですので、心配して下さるファンのみなさん安心して下さい。代表に行けないのは残念ですが、イタリアから全力で応援します! みんなの思いを一つに」と綴り、怪我の状況報告とW杯アジア最終予選を戦う日本代表メンバーにエールを送った。

インテルのチームドクターによると、長友は検査の結果、全治2週間程度と判断されたようだが、シーズンはまだ始まったばかりだ。焦らずしっかり怪我を治してもらいたい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月30日(火)1時36分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。