ここから本文です

県内の有効求人倍率 4か月連続1.6倍超/富山

チューリップテレビ 8月30日(火)13時5分配信

 県内の7月の有効求人倍率は、前の月と同じ1.67倍で、全国で4番目の高さとなり、高水準が続いています。

 県内で仕事を求める人1人あたりの求人の数を示す7月の有効求人倍率は、前の月と同じ1.67倍となり、全国で4番目の高さとなりました。

 4か月連続で1.6倍を超える高水準となり、富山労働局は、雇用情勢は改善が続いているとしています。

 また、正社員の有効求人数は1万1000人を上回り、有効求人倍率は1.17倍で、2005年に統計をとり始めてから過去最高となりました。

 富山労働局は、求人数は今後大きく変わらず、県内の有効求人倍率は1.5から1.6倍台で推移するとみています。

チューリップテレビ

最終更新:8月30日(火)13時5分

チューリップテレビ