ここから本文です

台風10号 夕方ごろ東北に上陸へ 大雨や高潮に厳重警戒

ウェザーマップ 8月30日(火)5時0分配信

 台風10号は関東の東海上を北上していて、きょう夕方ごろに東北の太平洋側に上陸する見込みだ。東北地方では記録的な大雨となるおそれがある。また、満潮時刻と台風の接近が重なることから、東北の太平洋側沿岸では高潮にも厳重な警戒が必要だ。

 台風10号は30日午前5時現在、銚子市の南東およそ350kmの海上にあるとみられ、北上を続けている。このあと夕方ごろに、宮城県か岩手県へ上陸する見込みだ。東北の太平洋側に台風が上陸するのは、1951年の統計開始以来初めてのこととなる。

[大雨]

 このあと昼前にかけては、関東の西部山沿いや、甲信・静岡県・北陸周辺で雨足が強まる。激しい雨が数時間続く地域がある見込みで警戒が必要だ。
 お昼ごろからは雨の中心は東北に移り、台風の接近とともに広い範囲で非常に激しい雨が続くとみられる。平年の8月1か月分を超える雨が一気に降るおそれもあるため、厳重な警戒が必要だ。
 北海道は夜に雨足が強まり、台風が離れた後あすの午前中にかけても非常に激しい雨が続くおそれがある。

【あす朝までに予想される雨量】(多いところで)
 東北      350ミリ
 北海道     250ミリ
 北陸      120ミリ
 関東甲信・東海 100ミリ

[暴風・高波・高潮]

 台風10号は強風域がとても広く、すでに関東地方の一部が強風域に入っている。関東では昼すぎにかけて暴風に警戒が必要だ。
 北日本では台風の接近に伴い、猛烈な風が吹き、海は猛烈にしけることが予想される。

【予想される最大瞬間風速】
 東北  50メートル
 北海道 45メートル
 関東  35メートル
【予想される波の高さ】
 東北     10メートル
 北海道・関東  8メートル

最終更新:8月30日(火)5時38分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。