ここから本文です

農畜産物PRも 「薩長土肥連合」 東京で4県トップセールス

日本農業新聞 8/30(火) 7:00配信

 明治維新を中心になって進めた鹿児島、山口、高知、佐賀の4県が、「平成の薩長土肥連合」を結成、農畜産物や観光名所をPRするため、29日に東京都内で初の合同イベントを開いた。西郷隆盛など維新の功労者に扮(ふん)した4県の知事が集合。鹿児島、佐賀は霜降りの和牛を、山口は「秋芳梨」の名称でブランド化した梨を、高知はナスなどをアピールした。

 4県連合は、明治維新から150年後に当たる2018年を節目として盛り上げる狙いで、昨年8月に発足。坂本龍馬をイメージした衣装で登場した高知県の尾崎正直知事は、「4県がまとまった発信力を生かしたい」と決意を述べた。4県合同で、幕末・明治期ゆかりの名所を巡るスタンプラリーなどを実施する。インバウンド(訪日外国人)など観光需要を呼び込む考えだ。

日本農業新聞

最終更新:8/30(火) 7:00

日本農業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。