ここから本文です

それっぽい地形を作ってくれるファンタジー・マップ・ジェネレーター

ギズモード・ジャパン 8月30日(火)12時10分配信

本の見返しに印刷してあるとうれしい、“あの地図”が無限に作れる!

氷河学者であるMartin O'Learyさんが制作したファンタジー・マップ・ジェネレーター「terrain」のJavaScriptコードがGitHub上に公開されています。

O'Learyさんは少年時代からファンタジー小説に魅了されていましたが、本当に夢中だったのは表紙の後ろに印刷された架空世界の地図だったとのこと。後に氷河学者となった彼は物理ベースの地形シミュレーションに興味を持ちます。

しかし、定番となっていたフラクタルノイズを利用したランダム生成に限界を感じ、現実に地形が作られる過程を取り入れたジェネレーターの作成を決意したのです。

「terrain」が実際に生成する地図は、O'Learyさんが管理するUncharted Atlasのツイートで1時間ごとに見られます。次々に繰り出されるどこでもないどこかの地図が生まれる大まかな過程は以下の通りです

最終更新:8月30日(火)12時10分

ギズモード・ジャパン