ここから本文です

岡山大病院の脳死肺移植無事終了 閉塞性細気管支炎の40代女性に

山陽新聞デジタル 8月30日(火)10時39分配信

 岡山大病院(岡山市北区鹿田町)で29日、気管支が細くなり呼吸困難になる閉塞(へいそく)性細気管支炎を患う40代女性に対する左肺の脳死移植手術が行われ、無事終了した。同病院によると、約3カ月で退院できる見込み。

 臓器移植医療センターの大藤剛宏教授を執刀医とする約20人のチームが担当。午前8時46分に始まり、約9時間半後の午後6時18分に終わった。女性は2015年5月、日本臓器移植ネットワークに登録していた。

 ネットワークによると、ドナー(臓器提供者)は京都府の京都きづ川病院にくも膜下出血で入院していた50代男性。

 岡山大病院の脳死肺移植手術は78例目、生体と合わせて159例目。

最終更新:8月30日(火)10時39分

山陽新聞デジタル