ここから本文です

台風10号 福島沖を北上 強い勢力保ち東北上陸へ

ウェザーマップ 8/30(火) 11:55配信

 台風10号は福島県沖を北上していて、きょう30日夕方ごろに東北太平洋側に暴風域を伴い上陸する見込み。東北では海上を中心に猛烈な風が吹き、記録的な大雨となるおそれがある。また、満潮時刻と台風の接近が重なることから、東北の太平洋側沿岸では高潮にも厳重な警戒が必要だ。

 台風10号は30日午前11時現在、福島県いわき市の東南東およそ160キロの海上にあるとみられ、北上を続けている。このあと夕方ごろに、宮城県か岩手県へ上陸する見込みだ。東北の太平洋側に台風が上陸するのは、1951年の統計開始以来初めてのこととなる。

【大雨】

 強い雨の中心は東日本から東北へと移り、このあとあす31日にかけては北日本を中心に非常に激しい雨が降る見込み。局地的には1時間80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあり、平年の8月1か月分の雨量を超えるおそれがある。北海道は30日夜~31日明け方にかけて、局地的に激しい雨が降り、太平洋側を中心に大雨となる見通し。低地の浸水、土砂災害、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要だ。
 
◆31日昼までの予想雨量(多い所)
 東北  250ミリ
 北海道 200ミリ
 北陸  100ミリ

【暴風・高波・高潮】

 台風の接近に伴い、北日本は急に風が強まり、猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなる見込み。暴風、果樹の落下や農業施設の被害に注意が必要となる。

◆31日にかけての予想最大瞬間風速
 東北  50メートル
 北海道 45メートル
 関東  35メートル
 
◆31日にかけて予想される波の高さ
 東北     10メートル
 北海道・関東 8メートル

 なお、北日本太平洋側では、台風が接近する30日昼過ぎから潮位の高くなる所がある。海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に厳重な警戒が必要だ。

最終更新:8/30(火) 12:02

ウェザーマップ