ここから本文です

八戸、盛岡でグルメ巡りいかが 41店参加、9月1日から

デーリー東北新聞社 8月30日(火)11時40分配信

 八戸市内の飲食店を中心とした“食の祭典”「The Best of グルメツアーズ」(主催・八戸商工会議所)が9、10月の2カ月間にわたって開催される。地元の食材を使った期間限定の料理を前面に、周遊性に主眼を置いたイベントに衣替えしてから3年目。関係者は食による観光振興の推進に向け意気込む。

 1988年に「味・知・飲・食グルめぐり」としてスタート、2014年からグルメツアーズとして実施している。昨年から盛岡市も対象エリアとしており、今年は盛岡商議所が参画。運営は八戸商議所観光サービス部会の実行委員会が担う。

 八戸市の33店と盛岡市の8店が参加し、9月1日から10月31日まで、地場産品を用いたメニューを統一料金で提供する。コース料理は3300円、ランチは1300円(いずれも税込み)。

 期間中は対象メニューを注文した客が、味付けや接客、店内の雰囲気などを評価。その結果に基づき、参加店を表彰する。アンケートの回答者の中から抽選で計150人に、ホテル宿泊券や食事券などの賞品をプレゼントする。

 29日は実行委が八戸商工会館で記者会見を開いた。澤内昭宏実行委員長は「八戸と盛岡を旅するように巡り、期間限定の特別メニューを楽しんでもらえれば」とPR。盛岡市のワインバー「アッカトーネ」でオーナーソムリエを務める松田宰さんは「おいしいものに県境はなく、八戸と盛岡が料理を通じてつながる機会になる」と期待を込めた。

 問い合わせは八戸商工会議所=電話0178(43)5111=へ。

デーリー東北新聞社

最終更新:8月30日(火)11時40分

デーリー東北新聞社