ここから本文です

ピルボックス、機能性表示食品で2品目投入

健康産業速報 8月30日(火)15時20分配信

 ピルボックスジャパンは9月26日、機能性表示食品「onaka」を発売する。ドラッグストア中心に展開する。

 錠剤タイプのダイエットサポート食品。機能性関与成分は「葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)」で、青色を基調としたパッケージに、「内臓脂肪と皮下脂肪を減らす」と記載している。30代以上の男女をメインターゲットにPRしていく。

 同社は今春、森永乳業が開発した「ビフィズス菌BB536」を機能性関与成分とした「整腸のビフィズス菌」を販売しており、機能性表示食品は2品目となる。

 「機能性表示は、ビジネス拡大のチャンスに成り得る。また、中堅事業者である当社にとって消費者はもちろん、自社製品が受理されたことで業界内における信用度アップにもつながる」(同社代表取締役社長・栖原徹氏)と話している。

健康産業速報

最終更新:8月30日(火)15時20分

健康産業速報