ここから本文です

「彼はプティと似たところがある」 高さ、パス、守備全てできる新加入MFをヴェンゲルも大絶賛

theWORLD(ザ・ワールド) 8月30日(火)11時50分配信

アーセナルの中盤がさらに豪華に

今夏なかなか補強が進まなかったアーセナルにおいて、ボルシアMGから獲得したスイス代表MFグラニト・シャカは非常に貴重な選手だ。ボールをさばくこともでき、プレミアリーグに適応できるだけの激しさも持ち合わせている。今までも十分強力だったアーセナルの中盤がさらに豪華となり、中盤の層の厚さならリーグでも屈指のものがあるはずだ。

指揮官のアーセン・ヴェンゲルも、シャカのことを非常に高く評価している。英『Daily Mail』によると、ヴェンゲルはシャカがかつてアーセナルでリーグ優勝などを達成した元フランス代表MFエマニュエル・プティに似ているとコメント。パスも繋げて守備もできるシャカが重要な存在になっていると称賛した。

「シャカは後方にポジショニングするのが好きで、彼のプレイスタイルはどこかエマニュエル・プティと似たところがあるね。私は彼がショートパスとロングパスを上手くミックスさせられる選手だと思う。シャカは良いエンジンを持っているし、上背もあって空中戦も得意でバランスも取れる選手だ。後方から良いロングボールも出せるし、センターバックとしてもプレイできるだろうね」

プティといえば、アーセナルで同じフランス代表でパトリック・ヴィエラとコンビを組んでいたことでも有名な選手だ。ヴェンゲルが似ていると指摘した通り、シャカとプティは身長も同じ185cmとなっている。中盤でこれだけサイズがあれば空中戦でも大きな戦力となることだろう。

プティやヴィエラらが在籍した頃のアーセナルは強かったが、シャカは再びアーセナルにリーグ優勝をもたらす存在となるのか。リーグタイトルを獲得できればまた1歩アーセナルの偉大なOBたちに近づけるはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月30日(火)11時50分

theWORLD(ザ・ワールド)