ここから本文です

人生を左右するチャレンジに、「犠牲」は必要だと思いますか?

TOKYO FM+ 8/30(火) 12:30配信

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。8月29日の「社会人意識調査」のテーマは「人生を左右するチャレンジに、『犠牲』は必要だと思いますか?」。はたして、その結果は……?

Q. 人生を左右するチャレンジに犠牲は必要ですか?

必要 78.2%
必要ではない 21.8%
(回答数:326票)

◆「必要」派の意見
「犠牲は必要だと思います。自分の人生を賭けるなら、まず自分の時間を犠牲にして、自分のお金を犠牲にして自己投資をして、最高な結果になるように、準備、勉強は必要だと思います」
(石川県 29歳 男性 農家見習い)

「何かにチャレンジするということは、今までの優先順位がその何かに向くわけですよね。つまり絶対に何かが犠牲になりますよね。犠牲という言葉より『そこにかける時間が少なくなる、優先順位が低くなる』といったところでしょうか。でも、その優先順位の結果が、未来の自分を作るものだと思います!」
(東京都 25歳 女性 会社員)

「犠牲とは『目的のために損失となることをいとわず、大切なものを捧げること』だそうです。夢への供物という解釈もできます。いまの場所から遠い夢ほど供物が必要でしょうね。故郷や会社の地位、青春の時間や恋人なんか……こうなると夢の熱量次第ですね。なんとしてでも人生すべてかけて叶えるという強い意志がある方なら、犠牲はアリだと思います」
(千葉県 28歳 男性 会社員)

◆「必要ではない」派の意見
「スポーツとかでもよく『限界というのは自分で勝手に作った言い訳だ』と言いますが、何かを犠牲にしなければというのもそれに近いものがあると思います。努力次第、やり方次第では、すべてを手に入れることも可能なのではないでしょうか?」
(東京都 28歳 男性 会社員)

「何かと何かを両立ができないのであれば、それはどちらも上手く成功しないと思います。だから犠牲は必要ないです。犠牲にするならば、それをそもそもやらなければよかったのですから。全部を手にしたければ、それぞれ同じ力で両立することだと思います」
(埼玉県 21歳 男性 学生)

「努力と時間のかけ方次第で、大抵のことは、特に大きな犠牲を払うことなく何とかなるのではないでしょうか。私のまわりにいる、成功してる人、何でも持ってる人というのは、時間の使い方が抜群に上手い気がします」
(大阪府 25歳 女性 会社員)

番組リスナーの投票による結果は「必要」が78.2%、「必要ではない」が21.8%と、8割近くの人が「人生を左右するチャレンジには犠牲が必要」と考えているようです。何をもって「犠牲」と定義するのかは人によって難しいところ。時を経て、いつか「犠牲」が「糧」となるよう、今を懸命に生きるのが一番大切なのかもしれません。

【仕事中心の男性にとって犠牲になるものとは?】
男女別では、「必要」と答えた人の割合は男性が80.3%、女性が75%と、男性の割合が若干高めでした。一般的に、男性は仕事を重要視しがちなので、恋愛や結婚などから、休み、趣味、さらに健康にいたるまで、仕事以外の選択肢をないがしろにしてしまう傾向にあるように思います。あなたは仕事を大事にするあまり、何かを失っていませんか?

(TOKYO FMの番組「Skyrocket Company」2016年8月29日放送より)

最終更新:8/30(火) 12:30

TOKYO FM+