ここから本文です

【動画】 台風10号 岩手県に上陸 北日本は大雨・暴風・高波警戒(30日19時更新)

ウェザーマップ 8月30日(火)18時49分配信

ウェザーマップ

 台風10号は30日火曜日の午後6時前に、岩手県大船渡市付近に上陸しました。火曜日の夜から水曜日の明け方にかけては、東北の太平洋側だけでなく、日本海側や北海道でも大荒れの天気となるおそれがあります。大雨や暴風、高波に厳重な警戒が必要です。

 台風上陸直前の岩手県岩泉町では、雨と風が強まり、大荒れの天気となっていました。その後、台風は岩手県大船渡市付近に上陸しましたが、台風が東北の太平洋側に上陸するのは、統計開始以来初めてのことです。
 このあとも台風は暴風域を伴ったまま東北を横断し、日本海に抜ける見通しとなっています。火曜日の夜から水曜日の明け方にかけては、東北の太平洋側だけでなく、日本海側や北海道でも大雨になるおそれがあります。 

 水曜日の夕方までに予想される雨量は多い所で、北海道の太平洋側で200ミリ、北海道の日本海側南部・東北の太平洋側で150ミリ、そのほかの北海道や東北の日本海側で100ミリ。予想される最大瞬間風速は東北で50メートル、北海道で45メートル。波の高さは東北で10メートル、北海道で9メートル、関東で6メートルとなっています。
 土砂災害や河川の増水、はん濫、低地の浸水、暴風、高波に厳重な警戒が必要です。

 水曜日の日中は東北から沖縄にかけて広く晴れて、火曜日よりも暑くなるでしょう。北海道の雨も、午後には弱まってくる所が多い見込みです。(気象予報士・多胡安那)

最終更新:8月30日(火)18時49分

ウェザーマップ