ここから本文です

宇多田ヒカルの「私が人生のパートナーに求めるものランキング」が話題。「流石」「素敵っす!」「カッコイイお言葉!!」

E-TALENTBANK 8/30(火) 11:43配信

宇多田ヒカルのTwitterでの発言が注目を集めている。

宇多田は、自身のTwitterで29日「私が人生のパートナーに求めるものランキングの最下位:経済力」とコメントした。また、続いて「経済力のある男性が優しくてかわいくて自分を一番に思ってくれる女性(経済力低め)を選んだってなんの不思議にも思われないのに、性別が逆になると問題があるかのように思うのは非常に非理論的だ。男の子って大変ね。」と投稿。

これに対してユーザーからは、「こういう事、どんどん発信していただきたいです!」「めっちゃ納得できる!」「そもそも周りがとやかく言うことじゃないよね。経済力のある人だろうとなかろうと。」「男女平等って一体何なのでしょうね」「相手に何を望かなんて人それぞれ。」「流石です。」「なんともカッコイイお言葉!!」「かっけぇっす!素敵っす!」「宇多田さんすきだわー」とのコメントが寄せられていた。

また、宇多田は2014年、バーテンダーのイタリア人男性と結婚しており、これに対してしばしば“格差婚”と報道されることからの発言という見方もあったようで「その答えを聞いてスッキリしました。さっき憶測みたいな変な記事をちょうど読んだ後だったので。」「最近変なニュース多くて心配してたけど、ヒカルちゃんが幸せならなんでもいいって思ってたから!さすが!」「誰も信じてませんよ!仕事に子育てに、応援してます!」という声も上がっていた。

最終更新:8/30(火) 11:43

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]