ここから本文です

100インチで700万円の4Kテレビ爆誕! ソニーのブラビア史上最高画質「Z9D」シリーズ

Stereo Sound ONLINE 8/30(火) 13:05配信

超高密度のLEDを個別制御×新高画質エンジンの共演

 ソニーより、4Kブラビア「Z9D」シリーズが登場する。100/75/65インチの3サイズ展開で、それぞれの価格と発売日は以下の通り。

●KJ-100Z9D(100インチ)
 価格:700万円(税別)、受注生産(11月下旬以降の出荷。納期は受注後2ヵ月以上)
●KJ-75Z9D(75インチ)
 オープン価格(想定市場価格100万円前後)、10月29日発売
●KJ-65Z9D(65インチ)
 オープン価格(想定市場価格70万円前後)、10月29日発売

 Z9Dは、4Kブラビアのフラッグシップとして新たに設けられたシリーズだ。4K解像度(水平3840×垂直2160画素)の倍速駆動パネルに、麻倉怜士さんのCES 2016リポートでもお伝えした(下記関連記事を参照)「バックライトマスタードライブ」を搭載したことが最大のトピックだろう。

 バックライトマスタードライブは、画面全体にLEDを高密度に敷き詰めた上で、LED素子をエリア制御ではなく、1素子ずつ独立かつ緻密に制御するというもの。下図右下の様に、LEDの駆動状態のみを見られるデモでは、画面に何が写っているか容易に判別できるほどの細かさでLEDが搭載されていた。LEDの搭載数は非公表だが、画面サイズが大きいほど多く使っているという。

 これに、映像の暗い部分の電力を明るいところに集中させて、つややかな輝きを表現する「エクステンディッド ダイナミックレンジ」を組み合わせて、消費電力を上げないまま、コントラストを高めているとのことだ。

 さらに、LEDの光を受ける新規開発の光学レンズと組み合わせることで、粒立ちすぎず、かつ広がり過ぎない狙った範囲に光を照射させている。これにより、ブラビア史上最高のコントラスト表現を実現したという(最大輝度やコントラスト値は非公表)。

 高画質エンジンには新開発の「X1 Extreme」を採用。従来のX1比でリアルタイム動画処理能力が1.4倍にアップしており、大きく分けて以下の処理を行なっている。

[1]HDRリマスター
コンテンツが元々持っている「HDRness(“HDRらしさ”という意味の造語)」を引き出すことを狙った処理で、SDRだけでなくHDR信号にも有効。映像内のオブジェクトを検出&解析し、オブジェクトごとにコントラストを最適化。その上で、全体のコントラストバランスも整えている。

[2]デュアル・データベース解析
従来の解析では、信号に含まれているのがノイズか、データ(情報)かの判別が難しかったという。そこで、参照用のデータベースをノイズリダクション用と超解像用に分け、それぞれで最適な処理を実施。ノイズを効果的に抑えた上での超解像処理を実現した。

[3]スーパー・ビット・マッピング4K HDR
8bitなどの粗い階調の映像を、フレームごとに14bit精度の信号処理を行なうことで復元。夕陽のようなグラデーション内に、段差が見えてしまうバンディングを防いで滑らかな映像表現を実現している。

[4]LEDバックライトの点灯制御
高い演算能力で、バックライトの緻密なコントロールを行なう。

1/2ページ

最終更新:8/30(火) 16:14

Stereo Sound ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。