ここから本文です

神田沙也加×篠原ともえ「宇宙姉妹」ユニット結成?サカナクション山口も乗り気?

MusicVoice 8/30(火) 11:30配信

 女優で歌手の神田沙也加(29)が29日、都内でおこなわれた、月面探査ロボットプロジェクト『au×HAKUTO MOON CHALLENGE ローバーフライトモデル デザイン発表会』に、タレントの篠原ともえ(37)とサカナクションの山口一郎(35)とともに出席。アンバサダーに就任した神田は、篠原と意気投合。音楽ユニット結成の可能性にまで話がおよび、応援CMソングを手掛けた山口も楽曲提供にまんざらでもない表情を見せた。

【写真】すっかり意気投合した神田沙也加と篠原ともえ

 「HAKUTO」は、月面無人探査を競うコンテスト『Google Lunar X PRIZE』への挑戦で触発された、本業で宇宙開発に携わった経験者達によって設立された開発チーム。HAKUTOの名称は、日本の伝承の白兎にちなんで命名。この日は、来年、月に向けて出発する予定となっているローバーの最新デザインが発表された。

 『Google Lunar X PRIZE』は、Xプライズ財団によって運営され、Googleがスポンサーとなり開催されている、民間による最初の月面無人探査を競うコンテスト。現在世界16カ国が参加、民間開発の無人探査機を月面に着陸させ、500メートルの距離を移動した後に、ローバーに搭載したカメラで撮影した画像や動画を地球に送信することを競うレースで、総額3000万ドル(約30億円)の賞金が用意されている。

 神田は、今回新たに『au×HAKUTO』プロジェクトの公式アンバサダーに就任。今回この機会に選ばれたことに関して「非常に光栄なことと思っています。もともと月や星のモチーフとか、プラネタリウムが大好きで、知識があるわけではないですが、先日のペルセウス座流星群とか、宇宙に対する興味が高まっていたところだったので、すごく嬉しいです」とワクワクした表情を見せた。

 そんな神田に対し、自ら「宇宙ワンピース」と銘打ちデザインしたワンピースドレスで登場した篠原は親近感を覚え「こんど一緒に月観測をしましょう!」と声をかけ、2人はいきなり意気投合。さらにこの日の企画で、ローバーの試作機を篠原の指示に従い神田が操作、篠原のもとへ到達させるという催しを実施し、見事成功させたことで2人は大喜び。

 神田は「すごく緊張しましたが、篠原“お姉さま”に誘導していただいて。ありがとうございます!」と操作の感想をコメントすると篠原は嬉しそうな表情で「これで宇宙姉妹の結成ですね!」とコメント。その言葉に神田は「嬉しいです。一人っ子なので、お姉ちゃんになってください!」と答え、さらに篠原との仲を深めた。

 この日は「au×HAKUTO」プロジェクトに楽曲を提供、プロジェクトのCMにも登場しているロックバンド・サカナクションのボーカリスト山口一郎も登場。サカナクションのファンと語る神田は、新たに発表されたキャンペーンの楽曲を聴いて「コーラスで参加させていただきたいくらい!」とコメント。

 すると篠原がひらめき「せっかくですから宇宙姉妹でいかがでしょう?」と直談判。それに対し山口は「マネージメントとレーベルがOKなら、楽曲提供させてもらえると」とまんざらでもない様子。興奮した篠原は神田とともに改めて「お願いします!」と直接願いを伝えると山口は「かしこまりました」と快諾。2人をさらに喜ばせていた。(取材・桂 伸也)

最終更新:8/30(火) 11:30

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]