ここから本文です

【速報】西岡良仁 全米OP2年連続初戦突破ならず、第23シードにストレート負け<男子テニス>

tennis365.net 8月30日(火)7時9分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会初日の29日、男子シングルス1回戦が行われ、西岡良仁(日本)は第23シードのK・アンダーソン(南アフリカ)に3-6, 5-7, 4-6のストレートで敗れ、2年連続の初戦突破とはならなかった。

【錦織ら全米オープン対戦表】

西岡は昨年の全米オープンで予選3試合を勝ち抜き、本戦入り。1回戦では元世界ランク12位のP・H・マチュー(フランス)をフルセットで下し、グランドスラム初勝利をあげた。

今年は8月のアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)でATPツアー初のベスト4進出を果たした。

今大会、その他の日本勢では第6シードの錦織圭(日本)がB・ベッカー(ドイツ)と初戦で顔を合わせる。

女子では日比野菜緒(日本)、奈良くるみ(日本)が出場。大坂なおみ(日本)は初戦突破、第30シードの土居美咲(日本)は1回戦で姿を消した。

一方、西岡に勝利したアンダーソンは、昨年の全米オープン4回戦でA・マレー(英国)を下し、グランドスラム初のベスト8進出を果たした。

2回戦ではV・ポスピシル(カナダ)と対戦する。

tennis365.net

最終更新:8月30日(火)7時9分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。