ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ、岩隈と対決で復帰後最多110球 7回途中3失点で5勝目の権利

Full-Count 8/30(火) 11:54配信

2番手投手がタイムリー浴びて3失点に、岩隈は今季最短タイの3回KO

 レンジャーズのダルビッシュ有投手は29日(日本時間30日)、本拠地でのマリナーズ戦に登板し、6回2/3を6安打3失点9奪三振2四球で5勝目の権利を持ってマウンドに降りた。マリナーズの岩隈久志とメジャー3度目の対決。岩隈が3回5失点で早々にKOされる中、大量リードにも恵まれてゲームを作り、右肘手術から復帰後最多となる110球を投げた。
 
 ダルビッシュは初回、2死からカノにヒットを許すも、続くクルーズを右飛に打ちとる。その裏、ベルトランが岩隈からソロ本塁打を放ち、レンジャーズが先制に成功した。

ダルビッシュ有のNPB・MLBでの年度別通算成績

 2回は3者凡退の好投。3回は1死からマルテに右前打を許すも、続くマーティン、スミスはいずれも左飛に打ち取った。

 その裏、岩隈は1アウトも奪えずに3点を失うと、2死となってからルクロイにはレフトへのタイムリーを浴びて、一挙4失点。計5失点となり、今季最短タイの3回でKOとなった。

 4回、ダルビッシュは2死からシーガーを歩かせると、リンドにタイムリーツーベースを浴び、1点を失う。5回は先頭のオマリーにレフト前ヒットを許したが、ここから3者連続三振と圧巻の投球を見せると、その裏にはレンジャーズが1点を追加した。

 6回は先頭のカノにライトへのヒットを浴びるも、クルーズはレフトフライ、シーガーは投ゴロで2アウト。最後はリンドをカーブで空振り三振に仕留め、この回も無失点に抑えた。

 球数は94球に達していたが、ダルビッシュは7回もマウンドへ。先頭のズニーノはカーブで空振り三振。オマリーを四球で歩かせたたところで、球数は今季最多の108球に達した。続くマルテは左飛に打ち取ったものの、マーティンにはセンター前ヒットを浴びて110球で降板。2番手のディークマンが2点二塁打を浴びたため、ダルビッシュの失点は3となったが、3番手のケラが後続を抑えて3点のリードは守った。

 ダルビッシュは110球を投げてストライクは76球。防御率は3.01となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/30(火) 12:19

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。