ここから本文です

【ブラジル】新規契約時の家賃 実質12.84%下落

サンパウロ新聞 8/30(火) 3:38配信

 新規契約時の家賃の平均が2016年7月までの12カ月間で実質12.84%下落していたことが経済調査院(Fipe)と不動産のポータルサイト、ザップ(Zap)による調査で分かった。伯メディアが16日付で伝えた。

 この12カ月間で新規契約時の平均家賃は名目で5.23%下落。この間の広範囲消費者物価指数(IPCA、政府の公式インフレ率)8.74%を考慮すると、平均家賃は実質的に12.84%下落したことになる。

 調査対象の11都市の平均家賃は今年6月から7月にかけて、名目で0.67%下落。今年に入ってからの下落率は2.44%となった。

 7月調査時点での1平方メートル当たりの家賃(月額)は、11都市を平均すると30.24レアルで、リオ、サンパウロ両市とブラジリア連邦直轄区がこれを上回った。リオは35.78レアル、サンパウロは35.17レアル、そしてブラジリアは31.64レアルだった。調査対象11都市の中で最も家賃が低かったのはクリチバ市(16.60レアル)だった。

サンパウロ新聞

最終更新:8/30(火) 3:38

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]