ここから本文です

ガザで最後のトラ、「世界最悪の動物園」から新天地の南アへ

AFPBB News 8/30(火) 12:36配信

(c)AFPBB News

【8月30日 AFP】戦争で荒廃したパレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)に残っていた最後のトラ1頭が24日、南アフリカの動物保護区へ移送された。

 このトラはベンガルトラのラジーズ(Laziz)で、獣医師らの処置を受けた後、動物愛護団体「フォー・ポーズ(Four Paws)」のメンバーたちによって南部ハンユニス(Khan Yunis)の「世界最悪」と称された動物園から移送され、翌日に南アフリカ・ベスレヘム(Bethlehem)の動物保護区「ライオンズロック・ビッグ・キャット・サンクチュアリ(Lions Rock Big Cat Sanctuary)」に到着した。

 この動物園からはラジーズの他にもサル、エミュー、ヤマアラシなど計15匹の動物たちが世界各地の新天地に移送されている。

 同園では、これまでに多くの動物が飢えなどで死んでおり、ワニやライオンなどの死骸が粗末な剥製にされ、大量の骨に囲まれて放置されていた。フォー・ポーズのウェブサイトによれば、昨年、死んだ動物を粗雑にミイラ化し展示したことが知れ渡り、同園は世界最悪と言われるようになった。

 今回、すべての動物を移送して閉園する。23日~25日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:8/30(火) 17:07

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]