ここから本文です

万達院線(ワンダシネマ):上半期観客数9666万人(2016)

済龍 China Press 8/30(火) 15:57配信

 2016年8月30日、万達集団の映画館運営部門子会社、万達電影院線(WANDA CINEMA)2016年上半期の経営報告を発表した。

 ワンダシネマはIMAXと提携し、中国およびオーストラリアでアイマックスシアターの運営も行っている。

 報告によるとワンダシネマ2016年上半期(1月―6月)の観客数は、2015年同期比49.2%増の9666万人。内訳は、中国国内観客が8606万人、オーストラリアの観客が1060万人。
 2016年上半期の興行収入は、前年同期と比較して40.6%増加し、40億元(約611億4800万円)となった。

 ワンダシネマ2016年上半期(1月―6月)の営業収入は、2015年同期と比較して64.1%の大幅増加を示し、57億2200万元(約874億7300万円)に達している。
 2016年上半期営業収入は、前年同期比で28.1%増加し、8億元(約122億3000万円)を突破したとのこと。

(China Press 2016:IT)

最終更新:8/30(火) 15:57

済龍 China Press

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]