ここから本文です

【MLB】イチロー21度目マルチで歴代27位浮上&23年連続2桁盗塁も…マ軍サヨナラ負け

Full-Count 8/30(火) 12:00配信

メジャー盗塁王に並ぶ23年連続2桁盗塁、好走塁で二塁打もメッツに競り負け3連敗

 マーリンズのイチロー外野手が29日(日本時間30日)の敵地メッツ戦で2試合連続でスタメン出場し、自身今季21度目のマルチ安打を放った。これでメジャー通算3011安打とし、ウェイド・ボッグスを抜いて歴代単独27位に浮上。今季10盗塁目も決め、メジャー16年連続、日米23年連続の2桁盗塁も達成した。試合は延長10回にセスペデスのサヨナラ弾でメッツが2-1で勝利。マーリンズは痛い3連敗となった。

イチローは歴代27位に浮上…MLB歴代通算安打数ランキング

 この日、「6番・ライト」で先発出場したイチローは2回先頭の第1打席で空振り三振に倒れたが、4回2死走者なしの第2打席では相手先発右腕モンテロから左前安打を放った。これが5試合ぶりのヒットとなり、通算3010安打に到達。ボッグスと並ぶ27位タイに浮上した。ボッグスはレッドソックス、ヤンキースなどで活躍し、5度の首位打者に輝いた殿堂入り選手で、イチローはまた一人、偉大な名手の記録に追いついた。

 その直後には二盗にも成功。今季10盗塁目でメジャー16年連続で2桁盗塁を達成。またオリックス時代からは23年連続となった。MLB最多1406盗塁を誇るリッキー・ヘンダーソンも23年連続の2桁盗塁を記録しており、イチローは日米通算でメジャー記録にも並んだ。

 6回1死走者なしの第3打席では左ライナーに倒れたが、0-0で迎えた8回2死走者なしの第4打席ではセンター右へはじき返すと、好走塁を見せて一気に二塁に到達。続くスクラッグスの二塁打で先制のホームを踏んだ。イチローのマルチヒットはこれで今季21度目となり、ボッグスの安打記録も一気に抜き去って単独27位に浮上した。

 しかしその裏のメッツの攻撃で、先頭のレイエスのライトへの打球にイチローが果敢に追うも捕球しきれず、二塁打に。その後、右腕ラモスの暴投で同点とされると、1-1で迎えた延長10回にはメッツ主砲セスペデスにサヨナラ弾が飛び出し、マーリンズは競り負けた。ナ・リーグ東地区のライバル相手に痛い黒星となった。

 イチローはこの日、4打数2安打1得点1盗塁で打率.298となっている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/30(火) 12:22

Full-Count