ここから本文です

SMAP中居・木村・香取がスマスマで見せた“連携プレー”に「素晴らしい」「涙でた」の声

E-TALENTBANK 8/30(火) 17:30配信

29日放送のフジテレビ系「SMAP×SMAP」で繰り広げられたSMAPメンバーの“連携プレー”が視聴者の間で話題となっている。

番組では、リオ五輪柔道男子90kg級の金メダリスト・ベイカー茉秋選手がゲスト出演し、ベイカー選手に関するプロフィールをクイズ形式で紹介。SMAPメンバーは早押しで回答をしていった。その中で「初めて買ったCDは?」の問題に対し、なかなか正解を導き出せないメンバーに中居正広は「今タイムリーですよね」とヒントを提供すると木村拓哉は「SMAP」と自分たちのグループ名を即答すると、香取慎吾もそれに呼応して「世界に一つだけの花」と見事正解を探し当てた。

ベイカーは、母親に頼んで買ってもらったCDだと語り「当時一番流れていた曲でしたし」と振り返ると、中居は「今も流れてるからね」とコメント。「今でも好きです」と告白するベイカーに、中居は「ありがとうございます」と感謝の言葉を述べていた。

この一連の流れに、視聴者からは「『タイムリー』『SMAP』『世界に一つだけの花』の当たり前のようなぶっこみと見事な連携」「このやり取りに涙でた。。。」「みんなで力をあわせて『タイムリー』な『世界に一つだけの花』を当てる流れ素晴らしい」「解散発表後初の収録とは思えないなー、、皆楽しそうだよ」などと、メンバーが繰り広げた“連携プレー”に反響の声が寄せられていた。

最終更新:8/30(火) 17:30

E-TALENTBANK