ここから本文です

これがないと別人!? 往年セレブのビューティシンボル with or without

ELLE ONLINE 8/30(火) 20:36配信

ツイギーのショートカット、マリリンのセクシーリップ、BBのキャットアイ……一世を風靡したセレブたちに共通するのは、ひとめで分かる特徴的なヘアスタイルやメイク。そんな彼女たちがシグニチャーを失ったら……? まるで別人のような意外な表情をその目で確かめてみて!

ブリジット・バルドー

フレンチロリータの元祖とも言われるBBは、小悪魔的なキャットアイとボリュームヘアがシグニチャー。一方で若い頃の写真は、そんな未来を感じさせないナチュラルメイクとグッドガールなロングヘアが印象的!

ジェーン・バーキン

愛らしさとヌケ感が同居する、ストレートのロングヘア×短めバングスには、今でも憧れる女子多数! ベリーショートでは少年のようなピュアなみずみずしさが際立ち、新たな魅力を見せてくれる。

マリリン・モンロー

20世紀を代表するセクシーアイコン。そういわしめたのはメイクの力も大きかったと実感する1枚! アメリカンビューティを体現するブロンドヘアとグロッシーな赤リップがグラマラスな魅力を加速する。

グレース・ケリー

気品に満ちた美貌で「クールビューティ」と呼ばれたグレース・ケリー。くっきり眉に赤リップ、クラシカルなカールヘアという王道美人メイクも、カラーメイクが分かりづらいモノクロ写真だと、素朴な少女だったという幼少期の面影が。

ツイギー

髪を切って大ブレーク、60年代のスウィンギング・ロンドンの中心人物として君臨したツイギー。アメリカのテレビ番組には、ロングのブロンドにラフなメイクと、西海岸風のスタイルで出演!

最終更新:8/30(火) 20:36

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]