ここから本文です

「自分は体が小さい」 甲子園優勝投手・今井が国際大会で最初に感じた差

Full-Count 8月30日(火)12時40分配信

「U-18アジア選手権」が開幕へ、甲子園での活躍で台湾でも人気の今井

 台湾・台中市で「第11回BFA U-18アジア選手権」が30日、開幕する。29日に行われた公式記者会見では、侍ジャパンの152キロ右腕・今井達也投手(作新学院、3年)に注目が集まった。甲子園での人気は海を渡り、台湾にまで届いている。8月に行われたプロ野球ドラフトでは1巡目(全体3位)で中信兄弟に指名され、すでにプロ入りが決定している「台湾の大谷翔平」こと背番号「1」の陳琥選手が写真撮影を求めてきたり、海外メディアからの視線も集めた。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 陳琥選手が「甲子園の優勝投手と写真を撮れて、とても光栄です」と話すと、今井は「プロ入りが決まっている選手と握手ができるなんて光栄です。憧れといってもらえるのは幸せです。そういう期待にも応えないといけないですね」と喜びながらも気を引き締めていた。対戦は試合結果次第だが、台湾の二刀流に対して「バッターで勝負する機会があれば勝負したいですね」と対戦を心待ちにした。

 会見の写真撮影では、今井は小枝守監督、小池航貴内野手と一緒に壇上にいた。注目選手でありながら、少し控えめにしているように見えた。180センチ、72キロの細身の右腕は、韓国や台湾の選手を見て「自分より体が大きいな、と思いました。僕は体が小さい。その中で自分がどれだけ勝負できるか。ベストを尽くしていきたいと思います」と体格の差を感じていた。

体の大きい投手たちをキレのあるボールでねじ伏せられるか

 しかし、ひるんだわけではもちろんない。初めて立つ国際舞台のマウンドで、体つきの大きい打者たちをキレのあるボールでねじ伏せるイメージはできている。その差をどのような投球で埋めて、さらには上回っていくかに注目だ。甲子園だけでなく、国際試合での対応力にも期待がかかる。

「監督やコーチにいい報告ができるように頑張りたいです。日本でも見て下さる方、期待もしてくださると思うので、期待に応えたいと思います」

 甲子園でも今井という男は静かな闘志で、期待を裏切らない投球を見せてきた。体が小さくても、ポテンシャルは誰よりも高い。体格よりも技術力で打者をねじ伏せていく。世界に通用する投手になるため、この大会が今井にとっての第一歩となる。大きな収穫を持って帰りたい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月30日(火)13時4分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]