ここから本文です

ソック 辛勝で初戦突破、フリッツとの3時間超えマッチ制す<男子テニス>

tennis365.net 8月30日(火)19時11分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会初日の29日、男子シングルス1回戦が行われ、第26シードのJ・ソック(アメリカ)がT・フリッツ(アメリカ)を7-6 (7-3), 7-5, 3-6, 1-6, 6-4のフルセットで下し、辛くも初戦突破を果たした。

【錦織ら全米オープン対戦表】

ファイナルセットで先にリードしたソックは、第9ゲームのサービング・フォー・ザ・マッチでマッチポイントを握ったが、得意のフォアハンドで凡ミスを犯してフリッツにブレークバックを許す。

しかし、続く第10ゲームでこのセット3度目のブレークに成功し、3時間20分で勝利。

ソックは、今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でもフリッツにフルセットの戦いを強いられていた。

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は1回戦でダニエル太郎(日本)に敗れるも、男子ダブルスで銅メダル、ミックスダブルスでは金メダルを獲得したソック。2回戦で予選を勝ち抜いたM・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフは1回戦でPH・エルベール(フランス)を破っての勝ち上がり。

一方、敗れた18歳のフリッツは、今年のメンフィス・オープン(アメリカ/メンフィス、ハード、ATP250)でツアー初の決勝進出。錦織圭(日本)に敗れるも、準優勝を飾った。

また、この日は第20シードのJ・イズナー(アメリカ)と18歳のF・ティアフォー(アメリカ)のアメリカ勢対決もフルセットの激闘となり、イズナーが3-6, 4-6 7-6 (7-5), 6-2, 7-6 (7-3)の大逆転勝利で初戦突破を果たした。

tennis365.net

最終更新:8月30日(火)19時11分

tennis365.net