ここから本文です

マンCに移籍したキャプテン・ブラボが合流せず チリ代表、パラグアイ&ボリビア戦に向けたメンバー発表

theWORLD(ザ・ワールド) 8月30日(火)15時43分配信

コパ・アメリカ2連覇のチリ

FFC(チリサッカー連盟)は、2018年ワールドカップ南米予選に向けたメンバーを発表した。フアン・アントニオ・ピッツィ監督は26名のメンバーを招集している。

事前に招集が発表された国外組のメンバーからセルタDFマルセロ・ディアスとマンチェスター・シティGKクラウディオ・ブラボが外れ、ハノーファーDFミーコ・アルボルノスとセルタMFMFパブロ・エルナンデスが追加招集されている。またバイエルン・ミュンヘンのアルトゥーロ・ビダルやアーセナルのアレクシス・サンチェスらが順当に選出された。

南米予選で本大会出場圏内の4位につけるチリ代表は、9月1日にパラグアイ(会場:アスンシオン)と6日にはボリビア(会場:サンチアゴ)と対戦する予定となっている。

〈GK〉
ミゲル・ピント(オヒギンス)
クリストフェル・トセリ(ウニベルシダ・デ・チリ)
パウロ・ガルセス(コロコロ)

〈DF〉
クリスチャン・ビルチェス(ウニベルシダ・デ・チリ)
ホセ・ペドロ・フエンサリダ(ウニベルシダ・カトリカ)
エウゲニオ・メナ(サンパウロ)
エンソ・ロコ(クルス・アスル)
ミーコ・アルボルノス(ハノーファー96)
マウリシオ・イスラ(カリアリ)
ガリー・メデル(インテル)

〈MF〉
ジャン・ボセジュール(ウニベルシダ・デ・チリ)
ロドリゴ・ミジャール(モナルカス・モレリア)
フランシスコ・シルバ(クルス・アスル)
エリック・プルガル(ボローニャ)
マティアス・フェルナンデス(フィオレンティーナ)
パブロ・エルナンデス(セルタ)
フェリペ・グティエレス(ベティス)
チャルレス・アランギス(レヴァークーゼン)
アルトゥーロ・ビダル(バイエルン・ミュンヘン)

〈FW〉
アレクシス・サンチェス(アーセナル)
ファビアン・オルジャーナ(セルタ)
エドゥアルド・バルガス(ホッフェンハイム)
マウリシオ・ピニージャ(アタランタ)
エドソン・プッチ(ネカクサ)
ニコラス・カスティージョ(ウニベルシダ・カトリカ)
ニコラス・マトゥラナ(ウニベルシダ・カトリカ)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月30日(火)15時43分

theWORLD(ザ・ワールド)