ここから本文です

【ブラジル】1位はポン・デ・アスーカル 2015年の売上高上位20社

サンパウロ新聞 8月30日(火)3時43分配信

 ブラジル小売業者及び消費市場研究所(Ibevar)のまとめによると、ブラジルの小売企業の中で2015年の売上高が最も大きかったのは、6年連続でグルーポ・ポン・デ・アスーカル(GPA)だった。2位以下にはカルフール(Carrefour)、ウォルマート(Walmart)、ロージャス・アメリカーナス(Lojas Americanas)などが名を連ねた(別表参照)。伯メディアが10日付で伝えた。

 同研究所は小売業120社について評価を行い、売上高に基いて順位付けしている。これら120社の15年の売上高の合計は4446億8000万レアル(約13兆3400億円)と、14年に対して名目5.2%伸びた。ただし、インフレ調整後の実質値では10.67%縮小した。

サンパウロ新聞

最終更新:8月30日(火)3時43分

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。