ここから本文です

アーセナル、リオ五輪得点王ニャブリを奪われる!? バイエルンが獲得狙い新シーズンはブレーメンに

theWORLD(ザ・ワールド) 8月30日(火)17時22分配信

将来性を買われてバイエルンに……

リオデジャネイロ五輪で6得点を記録しチームメイトのニルス・ペーターゼンと並んで得点王に輝いたドイツ代表ウインガー、セルジュ・ニャブリはアーセナルからバイエルン・ミュンヘンに移籍する可能性が浮上している。

同選手についてはヘルタ・ベルリンとブンデス1部に昇格したRBライプツィヒが獲得を狙っていたが、ニャブリ自身が移籍を断っていた。今夏の移籍はなくなったかと思われていたが、バイエルンが関心を示しており、同クラブは夏の移籍市場が閉まる期限前に契約をまとめたい意向だとドイツ『Sky Sports』が伝えている。さらに同メディアは、ニャブリはカルロ・アンチェロッティ監督の率いる新シーズンのチームの構想から外れているため、バイエルン加入後はローン先のブレーメンでプレイすることになると報じた。

現在21歳のニャブリは15歳でアーセナルの下部組織に加入したことから、ドイツのトップリーグで出場した経験がない。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、リオ五輪得点王ニャブリとの契約を延長したい考えだが、ニャブリはブンデスリーガでプレイすることになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月30日(火)17時22分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]