ここから本文です

アーセナル、リオ五輪得点王ニャブリを奪われる!? バイエルンが獲得狙い新シーズンはブレーメンに

theWORLD(ザ・ワールド) 8/30(火) 17:22配信

将来性を買われてバイエルンに……

リオデジャネイロ五輪で6得点を記録しチームメイトのニルス・ペーターゼンと並んで得点王に輝いたドイツ代表ウインガー、セルジュ・ニャブリはアーセナルからバイエルン・ミュンヘンに移籍する可能性が浮上している。

同選手についてはヘルタ・ベルリンとブンデス1部に昇格したRBライプツィヒが獲得を狙っていたが、ニャブリ自身が移籍を断っていた。今夏の移籍はなくなったかと思われていたが、バイエルンが関心を示しており、同クラブは夏の移籍市場が閉まる期限前に契約をまとめたい意向だとドイツ『Sky Sports』が伝えている。さらに同メディアは、ニャブリはカルロ・アンチェロッティ監督の率いる新シーズンのチームの構想から外れているため、バイエルン加入後はローン先のブレーメンでプレイすることになると報じた。

現在21歳のニャブリは15歳でアーセナルの下部組織に加入したことから、ドイツのトップリーグで出場した経験がない。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、リオ五輪得点王ニャブリとの契約を延長したい考えだが、ニャブリはブンデスリーガでプレイすることになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/30(火) 17:22

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]