ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ、カーブはもっと良くなる? 「今日の試合はわりと良かっただけ」

Full-Count 8月30日(火)21時5分配信

岩隈に投げ勝ち5勝目、「何とか粘れて試合を作れた」

 レンジャーズのダルビッシュ有投手は29日(日本時間30日)、本拠地でのマリナーズ戦に先発し、6回2/3を6安打3失点9奪三振2四球で5勝目を挙げた。マリナーズの岩隈久志投手とメジャー3度目の対決で、右肘手術から復帰後最多となる110球の熱投。今季最短タイの3回5失点でKOされた岩隈に投げ勝った右腕は、粘りのピッチングに手応えを示していた。

ダルビッシュ有のNPB・MLBでの年度別通算成績

 クオリティスタート(6回以上を投げ自責3以下)を達成し、ア・リーグ首位を独走するチームに1勝をもたらしたダルビッシュは、記者会見場でスッキリとした表情を浮かべていた。

「結構フォーシームの制球が不安定だったので、その中で何とか粘れて試合を作れたと思います」

 110球のうち、ストライクは71球。ストライク率は64パーセントと決して悪くなかったが、ダルビッシュはファストボールの制球に苦しんでいたことを明らかにした。それでも、女房役のジョナサン・ルクロイ捕手とともに、最速97マイル(約156キロ)の速球を中心に組み立てた。

「最近の内容だとフォーシームとツーシームばかり。かなり多いので、自分とルクロイもそういう感じなんだろうな」

 ルクロイは試合後のテレビインタビューでスローカーブを織り交ぜた配球が効果的だったと語っていた。だが、ダルビッシュは「でも、ここ最近はカーブの調子が自分の中で良くなかった。今日の試合はわりと良かっただけ」と振り返っていた。マリナーズ打線を翻弄したカーブのキレ味は、もっと良くなると感じているようだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月30日(火)21時5分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]