ここから本文です

【U-18アジア選手権】初戦で17安打19得点と大暴れの日本打線 キーマンとなった2人の小兵

Full-Count 8/30(火) 21:57配信

慣れた1番で持ち味発揮の納大地「仕事のやりがいを感じている」

 第11回BFA U-18アジア選手権が30日、台湾・台中市で幕を開け、グループA第1試合を戦った日本は、香港に7回コールド19-0の完封勝利。白星スタートとなった。出国直前の27日に行われた大学代表との壮行試合で3安打完封された打線が爆発。17安打19得点と無駄のない攻撃で、香港に格の差を見せつけた。この日、日本打線のカギとなったのが、1番・納大地(智弁学園)と3番・鈴木翔平(静岡)の2人だった。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 春夏連続甲子園出場を果たした納は、代表チームでは初めて座った1番で結果を残した。智弁学園ではおなじみの打順だが「選手の適性を試してみたい」という侍U-18代表を率いる小枝守監督の方針の下、大学代表との壮行試合では6番に挑戦。だが、やはりハマったのはリードオフマンだった。初回に敵失で出塁して先制ホーム。そこからサイクル安打まで本塁打を残すのみの3安打4打点の大活躍で、攻撃のトーンを決めた。

 国際試合という大舞台でも「緊張はまったく…。いい緊張感を楽しむというか、ワクワクしながらやってました」と強心臓を持つ1番打者は、真っ黒に日焼けした顔に大きな笑みを浮かべた。今春の選抜大会から見ていたという小枝監督は、違う打順を試した末に「選抜から出塁率がすごく高かった」と1番起用を決定。175センチと決して大きくない納だが、指揮官は「今日見たら立ち姿がすごく大きく見えた」と適材適所の起用になったことを直感した。

 納自身、リードオフマンに「チームを勢いづける可能性がある。仕事のやりがいを感じている」と話す。

「チーム全員が相手投手の球種だったりを見ているので、自分が中途半端な打ち方をして、今日はそういう投手なんだって思われたら(チームにとって)マイナスになる。そこは自分から仕掛けていって、どんどん打ちたいです」
 
 小枝監督は、今後も納を1番で起用する方針。「何とかを得た魚じゃないですけど、非常にいい働きをしてくれた。トップバッターとしては満点のスタートだったと思います」と手放しで褒めた。

1/2ページ

最終更新:8/31(水) 0:12

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]